読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金沢②(石川県)

最近、ハンズや雑貨屋さんで、

ちょっと変わった付箋があるなぁ、と思っていたら、

金沢の印刷会社が作ったペパラブル(paperable)という

シリーズでした。

f:id:omiyagebancho:20170420180157j:plain

こちらの会社は、老舗ながら、金沢21世紀美術館のミュージアムグッズを

手がけていたり、ちょっとおしゃれで、おもしろい。

 

これは、「100枚のメモブロック」

f:id:omiyagebancho:20170420175059j:plain

 

お土産につける、メッセージカードによさそうです。

f:id:omiyagebancho:20170420175100j:plain

 

大きさは、しおりくらい。(写真は文庫本)

f:id:omiyagebancho:20170420183556j:plain

 

兼六園から香林坊のバス停の方へ下りる道の

途中の文房具屋さんで購入しました。

金沢①(石川県)

最近、所々で見かける「まかないこすめ」ですが、

金沢の金箔屋さんが発祥だそうです。

f:id:omiyagebancho:20170420171108j:plain

なので、金沢のギフトに、ぜひ選びたい。

 

こちらの和コスメは、お値段も手ごろでお土産に最適です。

が、都内の店舗も増えつつあり、ネットでも購入できるので、

ここでは、地域限定バージョン「ハンドクリーム」を選んでみました。

f:id:omiyagebancho:20170420170435j:plain

石川県のキャラクター「ひゃくまんさん」と

f:id:omiyagebancho:20170420170401j:plain

金沢限定の香りのまかないうさぎです。

 

サイズは、マスキングテープくらい。

f:id:omiyagebancho:20170420170414j:plain

かわいいですよ。

 

ちなみに、うさぎは餅をついているのではなく、

金を薄くのばし、金箔をつくっているのだそう。

お土産話の豆知識 ♪

ブタペスト②(ハンガリー)

ボモアート(Bomo Art)の紹介を続けます。

 

これは、本来「蔵書ラベル」として本の裏表紙に貼るシールだそうです。

f:id:omiyagebancho:20161118155539j:plain

1ケースに同じ図柄が24枚入っています。

大きさは、だいたい名刺くらいです。

f:id:omiyagebancho:20161118155741j:plain

とてもかわいいです。

シール好きの血が騒ぎます!貼りたい!

f:id:omiyagebancho:20161118155919j:plain

アンティーク調なのが、こちらのお店の特徴です。

貼りたい!貼りたい!

で、パッケージ●ラザで買った普通の茶封筒に貼ってみました。

f:id:omiyagebancho:20161118160249j:plain

うん。小さなお土産を入れるのに使えそうです。

海外での買い物は、個別包装をあまりお願いできないので、

お渡しする時、自分ですることになりますが、

f:id:omiyagebancho:20161118160636j:plain

なかなか良い感じでは。

ボモアート、素敵。

ブタペスト①(ハンガリー)

ボモアート(Bomo Art)は、紙製品を扱っているブタペストの素敵なお店です。

そこにあるものは、単なる文具には収まらない、まるで使える芸術品のよう。

お店に入ると、その世界に魅了されます。

 

その中でも、お土産におススメなのは「ポストカード」

f:id:omiyagebancho:20161115174749j:plain

f:id:omiyagebancho:20161115174852j:plain

こんなに素敵なのに、日本で売っているポストカードと

同じくらいの値段で買えます。

f:id:omiyagebancho:20161115174945j:plain

もう興奮が止まりません。

お土産用に大量購入してしまいます。

f:id:omiyagebancho:20161115175119j:plain

紙は、厚くてしっかり。

職場で、配っても喜ばれます。

f:id:omiyagebancho:20161115175725j:plain

おそろいの封筒も、一緒に購入しておけば、

送るときに便利ですね。

f:id:omiyagebancho:20161115175845j:plain

ブタペストへ行った際は、ぜひ。

 

 

ウィーン①(オーストリア)

ウィーンでのおススメは、VIENNA to go(ヴィエナ トゥ ゴウ) というお店です。

f:id:omiyagebancho:20161020201006j:plain

こちらのお土産屋さんは、とにかくオシャレ。

デザインに特化したお土産を揃えています。

私が購入したのは、こちらの「メガネ拭き」

f:id:omiyagebancho:20161020193940j:plain

ウィーンの名物が盛り込まれているイラストです!

SiSiは、19世紀のオーストリア皇后エリーザベトの愛称。

他にも、クリムトの接吻や、第3の男の観覧車など。

素敵です!!

お店の外観はオシャレな雑貨屋さん。

f:id:omiyagebancho:20161020202159j:plain

お土産の定番、モーツアルトのチョコレートを買う前に、

ぜひ、覗いてみてください。

f:id:omiyagebancho:20161020200921j:plain

お店の袋は、地図になってます。

王宮のすぐ側にあります。

 

プラハ④(チェコ)

チェコの国民的アニメといえば、もぐらのクルテクです。

ということで、やはり、はずせないのはクルテクグッズ」

f:id:omiyagebancho:20161007195047j:plain

お土産屋さんに、ちょいちょい置いてあります。

サイズもいろいろ。

私は、ブループラハ(Blue Praha)で買っちゃいましたが、

このお店は、ボヘミアングラスや、雑貨がメインの綺麗めな

お店なので、ちょっと値段は高めでした。

たくさんのクルテクの中から選びたいのであれば、

おもちゃ屋さんの用な雰囲気のお店に入るほうが正解です。

プラハ③(チェコ)

ボタニクス(botanicus)は、大方のガイドブックに紹介されている、

プラハ「自然派コスメ」のお店です。

旧市街に向かい合わせに2店舗ありますが、片方は丁度、韓国のツアーで大混雑!

大量買いしていて、レジも行列でした。

すぐ、近くのもうひとつの方は、割と落ち着いていて、

日本人の店員さんがいらっしゃいます。

おススメは、かわいらしい丸い石鹸。 

種類もたくさんあります。こちらは、カモミールの石鹸。

f:id:omiyagebancho:20161003004632j:plain

店内には 四角い大きいサイズの石鹸が主流で置いてありますが、

私はこのテニスボールよりちょっと小さめのものが気に入りました。

 

f:id:omiyagebancho:20161003003224j:plain

これは、バラの石鹸です。

9個入りは、ちょっとお得なので、お土産用に最適では。

小分けの袋も、もらえます★